最近お腹の調子が悪いので何かの病気ではないかと検査をしに行ったのですが、特別問題もなく安心して過ごしていました。ですが検査方法によっては大腸癌が見つからない場合があるというので、もう一度検査に行こうかと考えています。

一般的な検査方法では大腸がんが見つかりにくく、おならの中に含まれるメタンチオールという成分が多い人ほど大腸癌になっている可能性が高くなっているということでした。それであれば、私も大腸がんをその方法でしっかりと検査したいとも考えましたし、予防方法についても細かく考えたいと思いました。

大腸癌になる理由についても細かく調べてみたのですが、高カロリー高タンパクの食品ばかり食べ続けていると大腸癌になりやすいですし、運動不足による肥満によっても大腸癌というのは発生しやすいのです。また、飲酒をしたり煙草を吸ったりと言う行為も、大腸癌の症状につながりやすいと言われています。

さらに、ウォシュレットを使い始めたことによって大腸癌が増えたと言うのです。ウォシュレット使えば、返って衛生的になりますし、逆に体にも良いのかと考え私もよく使うことがありましたが、水道水の中には塩素が含まれているので、それが体内に入り込んでしまうと大腸にも良くない影響を与えてしまうのです。

ですから、ウォシュレットを使いすぎるのにも注意した方が良いですし、おならに変化があったのであれば、大腸に何らかの病気が発生している可能性もあります。私の自宅にもウォシュレットがついていたので頻繁に使っていましたが、塩素を除去する方式のウォシュレットもあるそうなので、そういったものに切り替えたいと思います。

このことを知ってからは、精神的にも不安定な状態が続いていますので、大腸がんの検査については一般的な便潜血検査のみを行ったのですが、これだけでは病気があるのかどうかがはっきりしませんから、きちんとおならの成分について検査が出来る病院に足を運んでみたいと考えています。