体重が気になるようになってから、糖質ダイエットを続けていますし少しでも筋肉をつけたいと思いますので、トレーニングも欠かさず行っています。そのせいか体も引き締まり特にウエストあたりが引き締まるように感じるようになりましたが、お腹の調子が悪くおならが臭いという状況が続くようになりました。

きちんと運動もしていますし、体に悪い事は何一つしていないので、当然胃腸の調子も良くなってくると思っていましたが、全くそうではありませんでした。食事というのはバランスが何よりも大切で、とにかく糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル類などが欠かさず体に摂り込まれることが重要なのです。

さらに、タンパク質を摂りすぎるとおならが臭い現象が発生しやすくなるのです。タンパク質を摂取し続けると胃腸にも負担がかかりますし、アンモニアやインドールといった悪臭の成分もタンパク質を分解するときに発生しやすくなるのです。

特に私の場合は、タンパク質中心の生活をしているだけではなく、体を鍛える為のプロテインなども摂取していました。このような偏った生活を行っていた結果、腸内環境が悪くなりおならが臭いという現象が出てきたのだと思います。

それからは少しずつ注意するようになり、タンパク質の量もある程度制限するようになりました。代わりに、糖質も少しは摂るようになりましたし、野菜や海藻類なども積極的に食べるよう心がけるようになりました。

そういった食生活を続けているうちに、かなり体の調子は良くなり、おならも頻繁に出なくなりましたし、お通じの状態もかなり改善してきました。タンパク質は体を作る効果的な成分ではありますが、摂取しすぎも体に負担をかける行為となります。

体を鍛えるともいう目的はこれからも果たしていきたいと思うのですが、健康を害するようなやり方はしたくないので、これからもタンパク質自体を制限し、体に良いバランスの取れた食生活を送りながらトレーニングも行っていきたいと思います。