くさ〜いおならは、やっぱり嫌ですよね。何とかしたいって気持ちわかります。でもどうすればいいの?って方も多いはずです。そのくさ〜いおならは、実は腸の悲鳴とも言える信号なんです。

本当に腸が健康であれば、くさいニオイはしません。くさいおならには理由があるんです。本来腸は元気に動いてウンチを体の外へ出してくれます。ウンチとは人間にとっては不要なものと言うよりは、毒素と言って、体に悪いものといったほうが良いかもしれません。

体に悪いものと言えば、急いで体の外へ出さないといけないと思いますが、別に目の前にあるわけでもないので、1,2日くらいでなくとも気にならないですよね。毎日快便の方は1日でも出ないと不快感があるかもしれません。しかし、便秘気味の女性の多くは、気にならない方が多いのです。

実は、非常にこれは良くないのです。腸内部では、出されるはずのウンチが溜まると腐敗が始まるのです。この腐敗で出たガスが、くさいおならのニオイの元なんです。だって腐敗って腐っていくという事だから、くさいはずです。

ここで、くさいニオイの元が腐敗したウンチが原因とわかりました。そんなものは、留めておくわけにはいきません!何とかして体の外へ出さなくてはいけません。どうやって、外へだすのが良いのでしょうか。

そこで良いものを見つけました。「ところてん」です!あの皆さんが知っている海藻です。ところてんそのものには、あまり味はありません。だから、味になるものをかけて食べます。このかける物も地方によって様々なのです。

関東より北上すると「酢醤油」、名古屋などの中部地方は「三杯酢」、関西は「黒蜜」、四国は「だし汁」とバラバラなのです。あと、九州では「お酢」が多いようです。関西では甘い蜜をかけます。これはおやつとして食べるからだと思います。その他では、おそらくおかずとして食べて育ったんだと思います。

こんな馴染みのある「ところてん」です。それほど好き嫌いもなく取り入れられると思います。このところてんは、皆さんご存知の通りカロリーがすごく低いですよね。どのくらいか知っていますか?なんと100gで2カロリーと言うんです。

これは、利用しない手はありません。くさいおならを改善するとともに、ダイエットもしてみようじゃありませんか。絶好のチャンスです!くさいおならとダイエットが同時にできるなんて!

しかし、ダイエットがメインになりすぎると、嫌になってしまうので、あくまでも意識的にところてんを食べることを心がけましょう。このところてんは、繊維質そのものなので、腸に有る腐敗したウンチなどを根こそぎ外へ出そうと頑張ってくれます。非常に便秘改善に力を発揮してくれます。

そして、それにプラスしてカロリーが低いダイエット効果もあります。何と言ってもかなりの満腹感も得られます。でも注意も必要です。食べすぎ注意です。栄養が偏って栄養不足となってしまっては腸も働かなくなり逆効果になってしまいます。あくまでも、少し食事やおやつにプラスすることをおすすめします。