おならは出ないと困ります。だって人間ですから、いえいえ人間というよりも生きているんですから当然です。アイドルだって、イケメンだって、ミランダカーのように美しい人も一緒です。ジャスミンの香りなんて人は、間違いなくいません。安心してください!

でも確かにウォーキングしていると、おならが出ることがあります。家や会社で座っているときよりも回数が多いかもしれません。それは、何か原因があるんでしょうか。おならには腸が関係しています。だから、お腹の調子が悪いときは、くさいおならなど回数がよく増えます。

そんな腸とウォーキングには関係があるんでしょうか?実は、関係があるんです。腸にはウンチなどを排泄するために蠕動運動(ぜんどううんどう)というものがあります。腸にひだのようなものが並んでいます。そのひだが波打つように腸が動かします。その動きで、ウンチを外へ排出しようとするんです。

実は、この蠕動運動が非常に重要でなんです。この運動が無ければ、ウンチが腐敗してくさいおならの元となります。もっと腐敗が進めば、場合によっては発がん性物質を発生させます。要するに「がん」と言うことです。確かに全員が「がん」になるわけではありません。しかし、可能性が高くなるのは確かです。

それほど便秘は怖い病気とも言えるんです。その便秘を改善するには蠕動運動が活発に盛んにならなくてはいけないのです。蠕動運動に関係しているのが運動なのです。ここで言うウォーキングがその運動にあたるんです。

激しい運動が必ずいいと言うわけではありません。自分に合った、年齢に合った、無理のない運動が大事なのです。ウォーキングであれば、その人の体調や年齢に合わせて速度や距離を変えることができます。そして続けやすいのも魅力です。

お金もかけずに、時にはハイキングなど場所を変えてみて、美味しい空気を吸い、目でも景色を楽しむことができます。ウォーキングでも十分な運動です。また、このウォーキングで足も鍛えられ、適度に疲れれば、ぐっすり眠れます。ウンチは睡眠時に作られますから、それも有効です。

あと、楽しいウォーキングはストレス発散にも素晴らしい効果を発揮します。良いことばかりです。でも一つ注意してください。無理をしない事です。毎日続けることは効果が有ります。しかし体調に合わせて楽しむことを意識してください。そうすることで身体の中からも健康になることができます。

そして、ウォーキングしながらのおならは、気にしないでください!それは、腸に刺激を与え蠕動運動を促している証拠とも言えます。しっかり腸まで効果が届いているんです。そんなウォーキングをこれからも楽しんでくださいね。