腸内環境という言葉を最近よく耳にしませんか?

腸内環境が良い状態だと体の機能が正常に働いてくれて、健康な体を維持できます。逆に腸内環境が悪くなってしまうと、私達の体を害する様々な症状が見られるようになります。その一つが臭いおならが出てしまうということです。

まずは腸内環境について知っておきましょう。腸の中には善玉菌と悪玉菌と日和見菌という腸内細菌が住んでいます。健康な場合には善玉菌がしっかりと働いてくれて、悪玉菌を抑えこんでくれています。

食生活やストレスなど、様々な原因で善玉菌が減ってしまうと、悪玉菌が逆に増えてしまいます。また、日和見菌は強い方に味方するという働きがありますから、悪玉菌が強くなるとそちらに加担してしまいます。

消化器官などが弱っている状態ですから、きちんと消化されなかった食べ物が腸まで届くと、悪玉菌が腐敗させてしまって、臭いの強いガスを発生させてしまいます。

これが原因でガスがお腹にたまって苦しくなりますし、おならが出る回数が増えるだけでなく、臭いおならが出てしまいます。

臭いおならを改善するには腸内環境を整えるのが一番です。減ってしまった善玉菌を増やしてあげるのが得策で、善玉菌の元となる食品を積極的に取るようにしましょう。ヨーグルトなどの乳製品も効果的ですが、乳酸菌がたっぷりと含まれているぬか漬やキムチなどもおすすめです。

また、動物性たんぱく質を多く取りすぎてしまうと悪玉菌を増やす原因になりますから、控えるようにして栄養バランスの整った食事を取るのが効果的です。

そして、善玉菌をサポートしてくれるオリゴ糖や腸の働きを高める食物繊維も効果的ですから、一緒に取ると良いでしょう。

また、適度な運動は腸だけでなく体全体の代謝を高めて腸内環境改善にも効果があります。マイペースでできるウォーキングなどに取り組んで腸に刺激を与えてあげて、腸が正常に働けるようにするのもおすすめです。適度な運動はダイエットにもなりますから、ぽっこりお腹が気になる女性にもおすすめです。