芋を食べるとおならが出るというイメージがありますよね。
特に食物繊維の豊富なさつま芋は、食べたら出るといったイメージが定着しています。

私はとろろ芋が大好きで、一時期毎日一食とろろ芋を食べていたことがありました。
そのときに心配だったのが、やはり芋イメージどおりおならでした。
でも、実際のところ、おならが出て困ったという記憶はありませんし、おならが臭かったということもありませんでした。

とろろ芋の食物繊維は、水溶性食物繊維といって腸内でガスを発生させることはなく、悪玉菌によって臭いガスを発生させるものをからめとって体の外に排出してくれる働きがあります。

また、とろろ芋の主成分であるデンプンは、アミラーゼやオキシターゼといった分解酵素を含んでおり、腸内環境を整えて善玉菌を増やすので、整腸作用があり、消化を促進させてくれます。

このため、とろろ芋を食べることで、消化が良くなっておならが出やすくなる可能性はあります。
しかしながら、とろろ芋の働きによって腸内環境は整えられ、善玉菌が増え、消化がスムーズにいく状態になっているので、おならは臭くありません。
臭いおならは、消化不良状態の腸内で悪玉菌が増え、悪玉菌が臭いガスを発生させることにより起こります。
動物性たんぱく質を食べるとこの状態になりやすいと言われていますので、肉食中心の方のおならは匂いが強いとも言われています。

とろろ芋を食べ過ぎると、やっぱり芋だからおならがたくさん出てしまいそうで心配、という方もいるかもしれませんが、大丈夫です。
とろろ芋をたくさん食べておならが出ても、それは消化が活発に行われていますよという合図ですし、何より良い消化状態になっているので匂いはほとんどありません。

とろろ芋はそれ自体が消化が良い食べ物で、しかも腸内環境を整えてくれるので、以前の私のように毎日食べることはおすすめしませんが、おならを心配して避けたりする必要はありませんので、ぜひ便秘がちなときなどにはとろろ芋料理を食べてみてはいかがでしょうか。