先日友人の出産祝いの会に参加したのですが、友人が言うには産後おならの回数が増えたそうで、旦那さんも「出産前におならをしたことがなかったからショックだ」と笑いながら話していました。

産後におならが出やすくなってしまって困っているお母さんは多いそうです。
では何故産後におならが増えてしまうのでしょうか。

まずは、妊娠と出産を経験したことによって骨盤の筋肉(骨盤底筋)が緩んでしまったことが原因となって、おならが出やすくなった可能性が考えられます。
骨盤底筋は通常であれば締まっている状態にありますが、妊娠出産時期には出産をスムーズにするために緩んでいくのです。

このため、骨盤底筋を鍛えることによって、頻繁におならが出る状態から脱することができる可能性があります。
出産直後には激しい運動をすることはできませんが、骨盤底筋を鍛える運動は意外とシンプルで負荷のかからないものです。
例えば、あおむけに寝て、両ひざをたてた状態で、肛門を締めることに意識して腰を上げ、5秒程キープします。この運動を10回、1日に何度かするだけで、骨盤底筋の緩みを改善することができるのです。
体調によって運動をすることが出来ない場合でも、骨盤ベルトなど活用するといいですね。

また、産後の授乳期間中は便秘がちになりやすく、便秘が原因でおならの回数が増えることも考えられます。
便秘状態になると、腸の中では悪玉菌が増えてしまい、おならが出やすく、しかも臭いおならが出てしまいます。

産後の便秘にはさまざまな原因があります。
授乳によって体の水分量が減ってしまうこと、授乳や育児でトイレでゆっくり過ごすことが出来ないこと、出産時の切開部分が気になってしまうことなど、人によってさまざまです。

ただ、水分を多く取るように心がけたり、食物繊維を意識的に多く取るようにしたり、体への負担の少ないサプリメントを取り入れることによって改善することは可能です。
便の状態をスムーズに出やすい状態にすれば、トイレ時間が確保できなかったり、あまり力むことができなくても、便秘の状態は改善できます。

産後におならが増えて困っているお母さんはたくさんいます。
決して恥ずかしいことではありません。
おならをストレスに感じて、さらにストレスによって便秘状態を悪化させることもありますので、あまり悩まずに適度な運動やサプリメントを活用してじっくり乗り切っていきましょう。